2011年09月06日

中国企業3社、カダフィ派へ武器輸出打診か

 【ニューヨーク=柳沢亨之】カナダ紙グローブ・アンド・メール(電子版)は、中国の兵器製造企業3社が7月下旬、リビアのカダフィ政権側に2億ドル(約150億円)相当の武器輸出を持ちかけていたと報じた。

 実際に輸出されたかどうかは不明だが、事実なら、リビアへの武器禁輸を定めた2月採択の国連安全保障理事会決議に違反する可能性もある。3社は、ロケット弾発射装置や対戦車ミサイルをアルジェリア、南アフリカ経由で輸出することを政権側に打診していたという。記事はリビアの首都トリポリ発で、同市内のカダフィ派らの居住区から、打診を示す内容の公文書が見つかったとしている。

 ◆中国政府「関知せず」◆ 

 【中国総局】中国外務省の姜瑜(きょうゆ)副報道局長は5日の定例記者会見で、カダフィ政権の関係者が今年7月、中国を訪れ、「中国政府の関知しない状況下で中国企業と接触した」と説明した。武器売却の契約、輸出はなかったと主張、「中国は一貫して国連安保理決議を順守している」と述べた。

引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。