2011年09月29日

愛犬に毎年1500万円? =金総書記が超豪華生活―韓国議員

 【ソウル時事】韓国与党ハンナラ党の尹相現議員は29日、国会の外交通商統一委員会に提出した資料で、北朝鮮の金正日総書記ファミリーが飼っている犬やその餌、犬用のシャンプーや医薬品といった関連用品の輸入に毎年10万〜20万ドル(約760万〜1520万円)を使うなど、超豪華生活を送っているとの情報を明らかにした。
 尹議員が集めた情報によると、ファミリーは2009〜10年に米国製のジェットスキー約10台を買い、江原道元山などの別荘で金総書記の三男正恩氏が使っている。昨年10月にはロシアから乗馬用の馬数十頭を輸入したという。
 09年には中国からジョニーウォーカーの青ラベルなど高級ウイスキー200本、昨年はフランスの最高級ワイン600本余りをそれぞれ購入し、金総書記が開く宴会で供されたという。

引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<上海地下鉄事故>ずさんな体制浮き彫りに 安全管理に批判

 【上海・隅俊之】中国上海市の地下鉄事故は、運営機関の調査結果によって管理規定の順守を怠った人為ミスが原因だったことが明らかになった。信号システムの不備とともに、ずさんな運行体制が浮き彫りになった形で、中国最大の経済都市を走る地下鉄網の安全管理に対する批判が強まりそうだ。

 7月に浙江省温州市で起きた高速鉄道事故では、信号設備の故障や運行システムの欠陥に加え、担当者が列車運行に不慣れだったことも原因の一つに挙げられていた。今回の事故でも、運転士や指示を出す運行管理要員の訓練不足が原因となった可能性が指摘されている。

 10号線は昨年の上海万博の開幕に合わせるために建設を急いだと指摘される。今月13日付の中国紙、中国青年報によると、10号線に信号システムを納入した国有企業、中国鉄路通信信号と仏重電大手アルストムの合弁会社「CASCO」は同紙に「(10号線の建設時に)土木工事が予定より8カ月近く遅れたために信号システムを調整する時間が圧縮されていた」と説明。信号システムの調整が不十分だったことが明らかになっている。

 今回、市営地下鉄は信号システムへの電力供給がダウンした理由について説明していないが、信号システム自体に重大な欠陥があった可能性もあり、詳しい原因の解明が待たれる。

引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。