2011年11月13日

南シナ海、米が中国けん制…ASEANと声明へ

 【バンコク=深沢淳一】インドネシア・バリ島で18日に開かれる米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議の共同声明案が12日、明らかになった。

 中国とフィリピン、ベトナムなどが領有権を争う南シナ海問題に関しては、「国際法と平和的紛争解決の原則に基づき、南シナ海の平和と安定を維持する重要性」を強調し、この問題で米国が積極関与する姿勢を改めて打ち出す内容となっている。首脳会議は、オバマ米大統領と、インドネシアのユドヨノ大統領らASEAN各国首脳が出席する。

 南シナ海を巡り、中国とASEANは7月の外相会議で、開発協力などの共同活動の項目を列挙した「行動指針」を採択したが、その後も緊張状態が続いている。米ASEAN会議の共同声明案は行動指針採択を歓迎する一方、法的拘束力がある「行動規範」の早期策定を期待するとして中国側に対応を促している。

引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<イタリア>ベルルスコーニ首相辞任へ 下院が予算案可決

 【ローマ藤原章生】債務危機への懸念で政局が大きく揺れたイタリアの下院は12日午後(日本時間12日夜)、財政安定のための年金改革などを盛り込んだ12年予算案を賛成多数で可決した。ベルルスコーニ首相は予算成立を辞任の前提としており、可決を受けて、ナポリターノ大統領に辞表を提出し、内閣は総辞職する。早ければ12日夜にもマリオ・モンティ元欧州委員(68)を新首相とする危機対応のための暫定政権が誕生する見通しだ。

 08年の総選挙に勝利して第4次内閣を発足させたベルルスコーニ首相は、女性スキャンダルや贈賄疑惑の裁判などを免れるため新法を制定し、国内外の批判を集めた。これまでは議会工作で辞任の危機をくぐり抜けてきたが、今回は、1.8兆ユーロを超す政府債務の返済能力を問われたイタリア国債の価格が8月から大幅に下落。首相の対応の鈍さや危機感の欠如を嫌った与党議員が造反し、辞任を決定づける状況となった。

 モンティ新政権の発足は与野党議員の大半が支持しており、経済の専門家を中心とした「挙国一致内閣」となる。現政権の任期は約1年半残っているが、ベルルスコーニ首相や一部の政党は早期の選挙実施を求めており、新政権の運営の障害となる可能性もある。

引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。