2011年11月17日

米司法省やFBIが元社長から再聴取へ オリンパス損失隠し

 【ロンドン=木村正人】オリンパスの損失隠し問題で、英国人元社長のマイケル・ウッドフォード氏がロイター通信に対し、「今月29日にニューヨークで米司法省や連邦捜査局(FBI)、証券取引委員会の事情聴取を受ける」ことを明らかにした。英重大不正取締局(SFO)も捜査に着手しており、米英捜査当局の動きが急ピッチになってきた。

 米司法省やFBIはすでに元社長から事情を聴いており、さらに詳しい状況について説明を求めるとみられる。元社長は21日にロンドンでオリンパスの第三者委員会のメンバーと会う予定だが、本紙とのインタビューでは取締役会全員の退任を求めている。

 オリンパスは2006年から08年にかけて英医療機器メーカー「ジャイラス・グループ」を買収した。この際、ニューヨークや英領ケイマン諸島の投資助言会社に当時の為替レートで約660億円の法外な報酬を支払っていた。

 SFOも元社長から聴取するとともに内部資料の提出を受けており、買収をめぐる不正な資金の流れの解明を進めている。

引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。