2012年03月01日

米委員会の反対姿勢変更も=鳥インフル論文問題で―米科学誌

 強毒性鳥インフルエンザA型H5N1亜型のウイルスがヒトと同じ哺乳類で感染しやすくなる可能性を示した米欧2論文の発表に米政府の科学諮問委員会が反対している問題で、米科学誌サイエンス電子版は1日までに、同委員会が反対姿勢を変える可能性があると報じた。
 同誌によると、世界保健機関(WHO)が2月に開いた専門家会合で、2論文の代表者である米ウィスコンシン大の河岡義裕教授(東大医科学研究所教授兼任)とオランダ・エラスムス医療センターのロン・フーシェ教授が論文に関連する新データを提示した。このことを受け、米政府が科学諮問委に対し、再検討を要請したという。
 科学諮問委は2論文が同誌や英科学誌ネイチャーに発表されれば、テロ組織などが悪用する恐れがあるなどとして、両誌に論文を掲載しないよう勧告。これに対し、WHOの専門家会合は、2論文は感染予防対策に役立つため全文公開すべきだとした上で、実験施設のウイルス管理強化策の検討を提言していた。 

引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本企業の信頼取り戻す」=洪水再発防止に自信も―訪日前のタイ首相会見

 【バンコク時事】タイのインラック首相は29日、バンコク市内の首相官邸で、時事通信など日本メディアと会見し、3月6日から予定している訪日について「日タイの関係強化と(洪水で失われた)日本企業の信頼を取り戻すのが目的だ」と述べた。また、東日本大震災の経験を学ぶ一方、タイ政府が取り組んでいる洪水被害の再発防止策を説明すると語った。
 インラック首相は、今年以降の洪水被害の「再発はない」と強調。その理由について「今年の雨期までに堤防建設を完了する。ダムのしゅんせつ工事も行っていることに加え、政府として周辺道路かさ上げなどの対策を取っているため」と指摘した。 

引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。