2012年06月19日

首相最有力候補に新民主主義党党首のサマラス氏 ギリシャ再選挙

首相最有力候補に新民主主義党党首のサマラス氏 ギリシャ再選挙

産経新聞 6月19日(火)1時46分配信

 「ホッとした」。ギリシャ再選挙で第一党の座を維持した新民主主義党(ND)のアントニス・サマラス党首(61)は大勢判明を受け、思わず漏らした。17日夜の記者会見では「もう冒険はない。ギリシャは疑いなく欧州であり続ける」−。ギリシャの命運を懸けた再選挙を制し、首相の最有力候補に躍り出た。

 かつて自らが受け入れた緊縮策に対し国民の反発が噴き上がる中、「緊縮か、ユーロ離脱か」を争点化させ、接戦をものにした。だが、そもそもは緊縮策を条件とした欧州連合(EU)との合意には反対だった。緊縮策緩和に向けた再交渉を公約したが、その必要性は以前から主張している。

 1951年、政治家の家系に生まれ、米ハーバード大でMBA(経営学修士)の資格を取得した経済専門家。77年、26歳の若さで中道右派のNDから国会初当選し、これまでに経済相や文化相などを歴任した。

 外相時代の92年、旧ユーゴスラビア連邦から独立したマケドニアとの名称問題をめぐり、同国への強硬姿勢を主張し、当時の首相と衝突。辞任し、一時離党した。硬骨漢の一面をうかがわせる。ND復帰後、09年に党首に就いた。

 過去の放漫財政の下、“特権”に慣れた国民に改革を求めるのは困難な道。財政破綻を招いたNDなど従来の主要政党への批判も根強い。「だが、今必要なのは改革を断行できる強力な政治家」(ギリシャの経済専門家)。その手腕が今後問われる。

 妻のほかに娘と息子の子供2人。祖先は裕福なギリシャ人商人。同国で著名な古典作家を曽祖母に持つ。(アテネ 宮下日出男)



引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。