2012年06月23日

北朝鮮、労働者12万人派遣へ=外貨獲得狙い中国に―韓国紙

北朝鮮、労働者12万人派遣へ=外貨獲得狙い中国に―韓国紙

時事通信 6月23日(土)10時49分配信

 【ソウル時事】23日付の韓国紙・朝鮮日報は、北朝鮮が外貨稼ぎのため、今年に入って中国に送り始めた労働者が来年までに12万人に達するとの見通しを伝えた。
 既に図們、琿春、丹東など中朝国境に近い地域に4万人が送られ、さらに瀋陽、延吉、長春など東北地域の主要都市に順次、送られる見込み。IT関連の労働者も1万〜2万人含まれるという。
 北朝鮮では韓国との関係冷え込みなどが響き、外貨不足が深刻化。石炭や鉄鉱石を中国に売ってしのいできたが、限界に達しつつあることから、大量の労働者派遣を決めたもようだという。 

トルコ戦闘機が消息不明、撃墜報道も

トルコ戦闘機が消息不明、撃墜報道も

産経新聞 6月23日(土)1時32分配信

 ロイター通信によると、トルコ軍所属の戦闘機1機が22日、シリア国境付近で消息を絶ち、一部トルコメディアはシリア領海内に墜落したもようだと伝えた。これに関連し、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラ系テレビ局アルマナールは同日、シリアの治安当局者の話として、この戦闘機が同国軍によって撃墜されたと報じた。撃墜情報の真偽は不明。事実なら国際社会で、シリアに対する軍事力行使の議論が活発化する可能性がある。(カイロ 大内清)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。