2012年07月18日

金正恩氏に「元帥」の称号=軍部掌握強化か―北朝鮮

金正恩氏に「元帥」の称号=軍部掌握強化か―北朝鮮

時事通信 7月18日(水)12時11分配信

 【ソウル時事】朝鮮中央通信は18日、北朝鮮の労働党中央委員会などが17日、金正恩第1書記に元帥の称号を与えることを決めたと報じた。元帥は、李乙雪・元国防委員と並び現存者では最高位の称号で、金正恩氏が軍部掌握を一層強める意思表示とみられる。
 現在、大元帥は故金日成主席と故金正日総書記の2人。金総書記は生前は元帥で、死去後に大元帥に昇格した。
 金正恩氏は2010年9月に大将の称号を授与された。今回は次帥を飛び越えた2階級特進となる。既に軍最高司令官として軍トップの地位に就いている。
 北朝鮮は15日、金正恩氏の最側近の一人で次帥の李英鎬軍総参謀長を病気のため全ての党職から解任することを決定。また、16日には玄永哲大将に次帥の称号を授与することを決めた。玄氏は李氏の後任として、軍総参謀長に抜てきされたとの見方が強い。
 一連の動きは、強硬派の李氏を失脚させ、金正恩氏の軍部支配を強めるためとみられており、今回の元帥昇格で、こうした流れを確実にする狙いがありそうだ。
 同通信は18日午前、正午から「重大報道」を行うと予告していた。 



引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スー・チー氏、9月に訪米=解放後初、シンクタンク招く

スー・チー氏、9月に訪米=解放後初、シンクタンク招く

時事通信 7月18日(水)0時18分配信

 【ワシントン時事】ミャンマー最大野党・国民民主連盟(NLD)のアウン・サン・スー・チー氏が9月に訪米することが17日、明らかになった。同氏をニューヨークに招待した米国の有力シンクタンク大西洋評議会が確認した。スー・チー氏の訪米が実現すれば、2010年11月に自宅軟禁から解放された後初めてとなる。
 スーチー氏の訪米については、クリントン国務長官が昨年12月にミャンマーを訪問した際、招請していた。同氏が訪米を予定している9月下旬には国連総会が開催されるため、オバマ大統領と初めて会談する可能性もある。
 ただ、国務省は17日、取材に対して、同氏の訪米予定について確認していない。 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。