2012年09月03日

カナダでレジオネラ症感染者が続出 165人感染、10人死亡

カナダでレジオネラ症感染者が続出 165人感染、10人死亡

CNN.co.jp 9月3日(月)11時9分配信

(CNN) カナダのケベック州ケベックでレジオネラ症の感染が広まり、1日までに165人が発症、うち10人が死亡した。地元当局が明らかにした。

カナダ衛生当局は、感染者が通っていた場所などについて調査を進めているが、正確な感染源はまだ特定できていない。詳しい調査結果が出るのは9月中旬になる見通しだという。

CNN系列局は、当局がケベックにある大型ビル2棟の冷房システムを重点的に調べていると報じた。政府はレジオネラ症の原因となるレジオネラ菌の繁殖を抑えるため、ビルの所有者や管理者に対して水中の塩素濃度管理を義務付ける通達を出した。

衛生当局は、健康な人にとってのリスクは低く、ケベックの住民が日常生活を変える必要はないと指摘する一方で、症状がある人は医師の診察を受けてほしいと呼びかけている。

レジオネラ症は、レジオネラ菌に汚染された霧や蒸気などを吸い込むことによって感染する。人から人へ伝染することはないという。感染後2〜14日で頭痛、高熱、寒気などを訴え、その後2〜3日で肺炎のようなせきや胸の痛み、呼吸困難の症状が出ることが多い。米疾病対策センター(CDC)によれば、発症者の5〜30%が死亡する。

米国でも先にシカゴのホテルを訪れた宿泊客など10人の感染が確認され、3人が死亡する事件が発生。同ホテルは31日に、感染元とみられるロビーの噴水撤去と高級スパ施設の一部閉鎖を発表している。

無人機空爆、13人死亡=イエメン

無人機空爆、13人死亡=イエメン

時事通信 9月3日(月)1時27分配信

 【サヌアAFP=時事】イエメン中部ラッダ地区で2日、無人機が車列を空爆し、国際テロ組織アルカイダ系武装勢力とみられる10人と、同乗していた女性3人が死亡した。地元有力者が明らかにした。ただ、車に乗っていたアルカイダ幹部アブドゥラフ・ダハブ容疑者は生きているという。
 イエメンで無人機を運用しているのは米国だけ。ここ数カ月、南部や東部を中心に無人機による攻撃が激化している。 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。