2012年10月02日

オバマ大統領、再選されれば財務長官を真っ先に指名へ

オバマ大統領、再選されれば財務長官を真っ先に指名へ

ウォール・ストリート・ジャーナル 10月2日(火)10時13分配信

 【ワシントン】11月の大統領選で再選を果たした場合、オバマ大統領は増税と歳出削減の発動が重なる「財政の崖」を回避するため、議会との交渉で重要な役割と果たすことになる新しい財務長官を直ちに指名する見通し。事情に詳しい複数の関係筋が明らかにした。

 退任を希望しているガイトナー財務長官の後任として名前が挙がっているのは、大統領首席補佐官のジェイコブ・ルー氏とクリントン大統領時代に首席補佐官を務めたアースキン・ボウルズ氏の2人だ。

 両氏とも連邦予算の細部に詳しく、広く税制と歳出に関して共和党との交渉に携わってきた。ルー氏はクリントン、オバマ両政権のもとで行政管理予算局(OMB)局長を務めた。一方、ボウルズ氏は2010年に超党派で設置された財政赤字削減委員会で共同委員長を務めた。同委員会では向こう10年間で約4兆ドル(約312兆円)の赤字を削減する案が両党の支持を得てまとまった。

 ところが、オバマ大統領は同委員会の包括案を受け入れず、ボウルズ氏は引き続き同案の支持獲得を狙い企業トップや政治指導部に説得を試みている。

 一方、仮に共和党のミット・ロムニー候補が当選すれば、「財政の崖」を巡る交渉は2013年まで先送りされるだろう。民主・共和両党とも、議会は財政支出削減と増税策をロムニー氏が大統領に就任する予定の1月下旬まで延期するとみている。また、それまでにロムニー氏は財政問題に取り組むチームを結成するとみられている。

 共和党政権となった場合に財務長官として任命される可能性が高いとして名前が挙がっている人物のなかには、コロンビア大学経営大学院学長のグレン・ハバード氏や世界銀行のゼーリック前総裁のほか、米商業金融大手CITグループのジョン・セイン最高経営責任者(CEO)、米銀大手ウェルズ・ファーゴのリチャード・コバセビッチ前会長らが含まれる。

 オバマ氏がルー氏にしろボウルズ氏にしろ直ちに財務長官を任命すれば、オバマ政権は金融市場や欧州問題より、財政問題で議会との合意に至ることを最優先課題としていることのサインとなる。

 政府と議会が合意に達しなければ、大幅な歳出削減と増税が2013年1月2日に発効するためだ。民主・共和両党は財政政策を巡り激しく対立したままであり、オバマ政権の財政チームは期限までに折り合いをつけるため、ぎりぎりの調整が強いられることになろう。

 オバマ氏の場合、議会との交渉チームを立ち上げるための時間はロムニー氏より少ない。オバマ氏は財務長官を政権内か、政権にとってすでによく知られた人物から選任すると大統領顧問らはみているが、これがその理由の1つだ。

 ガイトナー財務長官は1年以上前から、オバマ氏が再選された場合は退任する意向を示してきた。ただ、後任人事が確定するまでは離職しないという。

 またもう一人、ガイトナー氏の後任として名前が挙がっているのは、国家経済会議(NEC)の委員長でクリントン大統領時代には財政チームに長年勤めたジーン・スパーリング氏だ。ただ、スパーリング氏はOMB局長としても取りざたされている。

 ただ、OMB局長の後任はバイデン副大統領の首席補佐官であるブルース・リード氏の名前も挙がっている。OMBは税制と財政支出に関して政府に提言を行うところだ。リード氏はボウルズ氏とアラン・シンプソン氏が率いる財政赤字削減委員会で事務局長を務めた。またOMB局長には議会との首席連絡官であるロブ・ナボーズ氏の名前を挙がっている。

 ほかにもオバマ政権2期目の財務長官候補として、ニール・ウォリン財務副長官や、国際問題担当のラエル・ブレイナード財務次官も可能性があるとみられている。

 仮にオバマ氏が政権以外から財務長官を指名するとすれば、金融市場の経験がある人材を登用するかもしれない。例えば、資産運用最大手ブラックロックのローレンス・フィンクCEOだ。フィンク氏はウォール街とワシントンの間で頻繁に対話を繰り返しており、ガイトナー氏のスケジュールによると、2012年前半はガイトナー氏ともしばしば話をしていた。ほかには、ブルームバーグのダニエル・ドクトロフCEO、投資銀行エバーコア・パートナーズの会長でクリントン政権時代に財務副長官を務めたロジャー・アルトマン会長も可能性がある。

 オバマ、ロムニー両陣営とも、人事に関するコメントは控えたか、もしくはコメントの求めには応じていない。



引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際部隊狙い自爆、20人死亡=アフガン

国際部隊狙い自爆、20人死亡=アフガン

時事通信 10月1日(月)23時13分配信

 【ニューデリー時事】アフガニスタン東部ホスト州の州都ホストで1日、地元警察と国際治安支援部隊(ISAF)のパトロール隊を狙った自爆テロがあり、ISAF兵3人を含む少なくとも20人が死亡、62人が負傷した。AFP通信が報じた。反政府勢力タリバンは「英雄の聖戦士」が実行したと犯行声明を出した。 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。