2012年11月24日

地図上の南太平洋の島は実在せず 科学者チームが発見

地図上の南太平洋の島は実在せず 科学者チームが発見

CNN.co.jp 11月24日(土)12時25分配信

(CNN) 南太平洋上に存在すると考えられていた米国のマンハッタンとほぼ同じ大きさの島が、実際には存在しないことが科学者チームによる探査の結果、明らかになった。

この問題の島は、複数のオンライン地図や海図を見ると、たしかにオーストラリアとニューカレドニアの中間に明確に表示されている。科学者らは、今回の「発見」は、海について未知の部分がどれだけ多いかを浮き彫りにするものだと指摘した。

今回、探査を行ったのは、シドニー大学のマリア・シートン博士率いる科学者の国際チームだ。探査チームに参加した博士課程の学生、セービン・ザヒロビック氏は、「この謎の島は、どの科学地図や天気図にも載っているが、われわれの船にあった航海用海図にはなかった。そこで、この島が実在するのか現地に行って確かめることにした」と語った。

グーグルマップでは「サンディ島」と表示され、他の地図では「セーブル島」と書かれているこの島は、実在すればかなりの大きさで、広さは156平方キロもあるが、探査船はその島があるはずの場所を何事もなく通過してしまった。

今回の島の「不存在」の発見は、科学者チームによる探査の本来の目的ではなかったが、地図の誤りの影響は甚大だ。

ザヒロビック氏も「すべての科学的地図製作は、これらの地図に依存している。波や潮の流れの数値シミュレーションは、これらの島の大きさで変わってくる」と語った。



引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国大統領選、事実上一騎打ち…安氏が突然辞退

韓国大統領選、事実上一騎打ち…安氏が突然辞退

読売新聞 11月23日(金)21時14分配信

 【ソウル=中川孝之】12月19日の韓国大統領選で、無所属のソウル大元教授、安哲秀(アンチョルス)候補(50)は23日夜、記者会見を開き、立候補断念を表明した。

 安氏の突然の出馬辞退で25〜26日告示の大統領選は、与党セヌリ党の朴槿恵(パククンヘ)候補(60)と最大野党・民主統合党の文在寅(ムンジェイン)候補(59)の事実上の一騎打ちとなる構図が固まった。

 安氏はソウルの事務所での記者会見で、「政権交代のため」に、野党側統一候補の座を文氏に譲ると表明。「一本化の方式で(これ以上)対立すれば国民に申し訳ない」と強調し、「文候補に声援を送ってほしい」と涙ながらに語った。

 無党派層や若者の絶大な支持を受ける安氏は選挙戦で文氏を支援する見通し。現在、両氏の支持率を足せば、朴氏に並ぶ勢いで、大統領選は接戦が予想される。

 選挙レースは当初、支持率トップを走る朴氏を、文、安両氏が追う三つどもえの展開だった。文、安両氏は、2人とも出馬すれば共倒れになると判断し、11月上旬、告示までに候補を一本化することで合意。「世論調査で支持率が高い方を統一候補にする」と決めたが、双方とも有利な質問内容を主張し、亀裂が深まっていた。

 無所属の安氏は最近、支持率が下降気味だった上、自身に有利な世論調査方式で実施できなければ、組織力のある文氏に勝てないと判断したとみられる。

 文氏は、盧武鉉(ノムヒョン)前大統領とコンビを組み、人権派弁護士として活躍。盧政権誕生後は、最側近として要職を歴任した。朴氏は、朴正煕元大統領の長女。今年4月の総選挙でセヌリ党を単独過半数確保に導き、「選挙の女王」との異名も持つ。〈「対立望まぬ」7面〉



引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。