2011年07月28日

中国高速鉄道事故、信号設備に重大な欠陥 鉄道当局が「人災」認める

 【上海=河崎真澄】28日の中国国営新華社通信の報道によれば、高速鉄道事故が起きた路線を管轄する上海鉄道局は同日、現場に近い温州南駅の信号設備に設計上の欠陥があり、落雷で故障して「赤」とすべき信号が「青」になっていたことが原因とする現段階での調査状況を明らかにした。一方、中国中央テレビは、追突防止のための警告を運行指令担当が発しなかったことを上海鉄道局が把握していると報じた。

 これまで「落雷」による「天災」を強調していた当局が初めて「人災」を認めたものだ。

 一方で、原因究明の焦点になっている列車制御システムに関し、納入業者の中に、中国の原発にも安全管理システムを納入している北京の企業が含まれていたことが明らかになった。

 中国では原発建設も高速鉄道と並び、急ピッチで整備が行われている。だが、建設スピードに安全管理が追いつかない実態が今回の事故で浮き彫りになっており、原発安全性への懸念も指摘される。

 高速鉄道と原発に安全システムを納入していたのは北京に本社を置く「和利時集団」。同社は米ナスダック上場企業で、開示情報によると浙江省の原発に「原発緊急指揮系統」など複数の安全システムを納入している。今回の事故を起こした双方の高速鉄道の列車にも、同社が開発した「列車自動制御保護システム」が装備されていたという。

 同社は事故後に沈黙を守っている。中国の鉄道関連企業は、当局が原因調査中にもかかわらず、「当社は事故とは無関係」などとする声明を相次ぎ発表するなど、責任逃れとも受け取れる対応に終始している。

引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。