2011年10月30日

日系企業、タイ政府の不手際に怒り…洪水拡大

 タイの首都バンコクでは中心部でも冠水地域が拡大、混乱が広がっている。

 日本人が多く住むスクンビット地区では、駐在員家族が続々帰国、日本人の姿はめっきり減った。家族と残る駐在員の男性(41)は「水や電気などの生命線が途絶するのが怖い」と話す。

 押し寄せる水は、水没した工場や自動車の油、生活排水などで汚染されている可能性がある。インラック首相は29日、「バンコクの水は11月上旬には引き始める」と楽観的な見方を示した。

 しかし、完全に引くまでには1か月ほどかかる見通しだ。コレラや破傷風などの感染症が広がる恐れもある。

 中部アユタヤからパトムタニ県にかけて七つの大型工業団地が水没し、400社以上の日系企業が打撃を受けた。関係者によると、タイ工業省が所管する3工業団地では、軍が出動して排水や、設備入れ替えなどを支援する見通しだ。だが、民間工業団地に対する軍の支援は不透明という。

 水没した工業団地に入居する大手の日系精密機器メーカーの社長は「100億〜200億円を投じて全設備を入れ替えなければならない。具体的な被害防止計画がなければ、タイに追加投資できない」と話した。

 日系企業で働くタイ人は70万人以上、製造業の労働者の2割近くだ。タイの雇用、経済を支える日系メーカーのタイ政府への怒り、疑念は深い。不手際をさらけだしたタイ政府の代償は大きくなる可能性がある。(バンコク 深沢淳一、石崎伸生)

引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。