2012年08月30日

日・ミャンマー、覚書締結へ=特区開発の協力で

日・ミャンマー、覚書締結へ=特区開発の協力で

時事通信 8月29日(水)23時49分配信

 【シエムレアプ(カンボジア北西部)時事】ミャンマーと日本政府が近く、同国最大都市ヤンゴン近郊で計画中のティラワ経済特区開発に関し、協力覚書を締結することが29日、明らかになった。枝野幸男経済産業相は同日、訪問中のカンボジアで、ミャンマーのティン・ナイン・テイン国家計画・経済開発相と会談し、同国から同特区開発で日本と協力したいとするメッセージを受け取ったことに謝意を示した。
 枝野経産相は会談で、「インフラ整備などで具体的成果が得られるよう努力する」とし、ミャンマーにとって電力の安定供給が最優先課題だと指摘。さらに「電力マスタープラン策定にも協力する」と提案した。同国家計画・経済開発相は「今後の具体的な開発の進め方について協議したい」と応じ、「9月中旬にも日本の代表団を送ってほしい」と要請した。 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。