2012年11月30日

イラク各地でテロ、47人死亡 スンニ派が一斉攻撃か

イラク各地でテロ、47人死亡 スンニ派が一斉攻撃か

朝日新聞デジタル 11月29日(木)21時43分配信

 【カイロ=石合力】イラク中部ヒッラ、カルバラ、ファルージャなど各地で29日、車両を使った爆弾や自爆によるテロが相次ぎ、地元メディアによると少なくとも計47人が死亡、152人が負傷した。犠牲者の大半はシーア派住民や治安関係者とみられる。

 預言者ムハンマドの孫でシーア派第3代の指導者イマーム・フセインの殉教を追悼する同派最大の宗教行事アシュラの直後に当たり、スンニ派系武装勢力による一斉攻撃とみられる。被害が最も大きかったのはヒッラで、食堂脇で路上爆発が起きた後、車両を使った爆弾でシーア派住民や救助関係者らを含め、少なくとも35人が死亡、120人以上が負傷した。

 聖地カルバラのフセイン廟(びょう)近くでも車両を使った爆弾で少なくとも9人が死亡、26人が負傷した。

朝日新聞社



引用元:Yahoo!JAPANニュース



(PR)

「サバイバルフーズ」を通販でお安くにゲット!

ヘッドフォン A8 Earphones by Bang & Olufsenを購入しよう!

エシレ バターを購入しよう!
posted by ajie at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

シリア首都近郊で自動車爆弾が連続爆発、77人死亡

シリア首都近郊で自動車爆弾が連続爆発、77人死亡

CNN.co.jp 11月29日(木)10時30分配信

(CNN) 内戦状態が泥沼化しているシリア情勢で、首都ダマスカス近郊の町ジャラマナで28日、自動車爆弾2発が爆発し、少なくとも77人が死亡した。反体制派の「地域調整委員会」が明らかにした。在英反政府派「シリア人権監視機構」によれば、犠牲者の中には女性や子どもも含まれるという。シリア全土でのこの日の死者数は160人に上るとみられている。

内務省の情報では、ジャラマナでの死者は34人、負傷者は83人となっている。ジャラマナには、政府を支持する住民らが内戦の混乱を逃れて身を寄せていた。政府はこの爆発について、テロリストの犯行と断定した。政府は日ごろから、反体制派や過激派をテロリストと呼んでいる。

昨年初めにアサド政権が反体制派に対する弾圧を始めてから、約4万人の市民が犠牲になっているとみられている。また、38万人が難民として国外へ逃れたという。

オバマ米大統領、ロムニー氏と会談へ

オバマ米大統領、ロムニー氏と会談へ

時事通信 11月29日(木)0時54分配信

 【ワシントン時事】ホワイトハウス当局者は28日、オバマ米大統領が大統領選を戦った共和党のミット・ロムニー氏と29日にホワイトハウスで会談することを明らかにした。6日の大統領選後、両者の初顔合わせとなる。
 オバマ大統領は昼食を共にしながら、「財政の崖」打開に向けた方策などについて、私的に意見交換する考えだ。 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。