2012年11月25日

工場で火災、121人死亡=バングラ

工場で火災、121人死亡=バングラ

時事通信 11月25日(日)12時53分配信

 【ダッカAFP=時事】バングラデシュの消防当局者は25日、首都ダッカ近郊の工場で火災があり、少なくとも121人が死亡したと明らかにした。当初、9人の死亡が伝えられていたが、その後の捜索で112体の遺体が見つかったという。 

アラファト氏遺体、27日に掘り起こし 毒殺疑惑解明へ

アラファト氏遺体、27日に掘り起こし 毒殺疑惑解明へ

朝日新聞デジタル 11月24日(土)21時30分配信

 【エルサレム=山尾有紀恵】パレスチナ自治政府の故アラファト議長の遺品などから毒性の強い放射性物質が検出されて再燃した「毒殺疑惑」を解明するため、パレスチナの死因調査委員会は24日、今月27日にアラファト氏の遺体を掘り起こして検体を採取すると発表した。

 アラファト氏はイスラエル軍の軟禁下にあった2004年10月、突然体調を崩してパリ郊外のペルシー病院に入院。11月11日に死亡した。死因には不審な点が多く、パレスチナ人の間ではかねて「毒殺説」がささやかれてきた。イスラエルの関与を疑う声も多い。

 アラファト氏の妻はスイスの放射線物理学研究所に衣服などの鑑定を依頼。今年7月、毒性の強い放射性物質ポロニウムが検出された。妻子は、パリ郊外ナンテールの裁判所に刑事告訴した。

朝日新聞社

2012年11月24日

地図上の南太平洋の島は実在せず 科学者チームが発見

地図上の南太平洋の島は実在せず 科学者チームが発見

CNN.co.jp 11月24日(土)12時25分配信

(CNN) 南太平洋上に存在すると考えられていた米国のマンハッタンとほぼ同じ大きさの島が、実際には存在しないことが科学者チームによる探査の結果、明らかになった。

この問題の島は、複数のオンライン地図や海図を見ると、たしかにオーストラリアとニューカレドニアの中間に明確に表示されている。科学者らは、今回の「発見」は、海について未知の部分がどれだけ多いかを浮き彫りにするものだと指摘した。

今回、探査を行ったのは、シドニー大学のマリア・シートン博士率いる科学者の国際チームだ。探査チームに参加した博士課程の学生、セービン・ザヒロビック氏は、「この謎の島は、どの科学地図や天気図にも載っているが、われわれの船にあった航海用海図にはなかった。そこで、この島が実在するのか現地に行って確かめることにした」と語った。

グーグルマップでは「サンディ島」と表示され、他の地図では「セーブル島」と書かれているこの島は、実在すればかなりの大きさで、広さは156平方キロもあるが、探査船はその島があるはずの場所を何事もなく通過してしまった。

今回の島の「不存在」の発見は、科学者チームによる探査の本来の目的ではなかったが、地図の誤りの影響は甚大だ。

ザヒロビック氏も「すべての科学的地図製作は、これらの地図に依存している。波や潮の流れの数値シミュレーションは、これらの島の大きさで変わってくる」と語った。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。